FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]

| スポンサー広告 |
夏が来た!叔母ちゃんもいた!
社会主義の負の遺産は人の精神にも宿っている。

ウクライナの夏は暑い。
日本の夏も暑いと思うが電車やバスに乗ればクーラーが効いている。

既に築20~40年以上も経過したウクライナのバス電車にはエアコンどころか扇風機も無い。あるのは英語で言うところの「50マイルズ・エアコン」
窓を開けるという意味である。

以下、日常のごくある風景をアレンジした物です。

私=作者であるこの私。(ウクライナ語が達者であると想定している)
お=世界最強のウクライナ叔母ちゃんである。

私「いや~暑い暑い!おお、丁度窓が開いている」と、蒸し風呂のバスに乗り込み窓際へ行く。「いや~いい風だな~~これなら涼しくて汗も引くだろう」

お「その窓を閉めてください」(もちろんデ~~ンと座っている)
私「え?閉めるんですか?」

お「そうよ」
私「何で閉めるんですか。車内がこんなに暑いのに?」

お「病気になっちゃうでしょ!」
私「病気、、、何の病気ですか?」

お「風に当たると病気になるのよ!知らないの?」
私「こんなに蒸し暑い中で風を入れなければそれこそ病気になるでしょ?」

お「いいから早く閉めなさい。病気になっちゃう!」
私「一体何の病気になるというのですか?」

お「だから病気なのよ。つべこべ言わずに早く閉めなさい!」
私「こんなに蒸し暑い中で窓を閉めるなんで正気の沙汰じゃない!」

お「ちょっと、この人失礼ね。窓を閉めてくれないのよ!」と隣のおばちゃんに同意を求める。
私「皆さん、この人変なことを言っていますよ。こんなに暑いのに窓を閉めろだなんて!そんなに言うなら立ったらどうですか?こっちは汗びっしょりで耐えているのに!」と同意を求めるが叔母ちゃんたちを除く全ての人が無視している。(視線を合わせない。サルの目を直視しない感じである)

お「これだから最近の若い人は無礼ね!」
私「だから何の病気になるのかと聞いているんですよ!」

お「病気だと言っているのが分からないの?」
私「風邪をひくとでも言うんですか?」

お「何も知らないのねこの外人は!」
私「新鮮な風に当たったからって何の病気なるんですか?」

お「知らないわよ!病気になるのが怖いから窓を閉めろと言っているのよ!」
私「じゃあ今まで罹患(りかん)した病名でも言ってみて下さい」

お「だから病気になるのが怖いと言っているのよ!このスットコドッコイ!」
私「風に当たって病気になるような人がそんなにブクブク太っていますか?」

お「きゃ~言ったわね!これでも昔は鳴らしたものなのよ!女を見る目が無いわねこのおたんこなす!」
私「昔がどうだったか知らないが、核戦争後にも生き延びそうな人が何を言うか!」

隣に立っていたおじさん風の人が申し訳なさそうにそっと窓を閉めた。

かくして産まれてこの方病気にかかったことのない叔母ちゃん達は、病気とは何だか良く分からないがかかると怖いものらしいしい、と、社会主義時代の学校で教わったようだ。(または近所の人がそう言っていた)

その(社会主義の)犠牲者として現代一般市民は辛い車内で立ったまま(デコボコ道のため)、汗だらけになって蒸し風呂のような車内でひたすら耐えているのです。

一昨年などは24時間の寝台車の中に唯一一人の叔母様が鎮座していたため、周りの人は窓を開けることを許可されずに蒸し風呂の中で丸一日を過ごしたらしい。

かくして一般市民は汗びっしょりになって夏風邪をひいてしまうのでありました。

ウクライナの交通機関にエアコンが出現するまでやはり40年はかかるだろうな~~


注、長距離列車の一部にはエアコンが付いていますし、
例の韓国製の高速列車にも恐らく装備されているでしょう。
スポンサーサイト
[ 2012/05/30 16:44 ]

| 日常 | コメント(2) | トラックバック(1) |
意外な良い部分
たまには誉めることも必要だと思う。

私自身妻の妊娠と言う事で周りの妊婦さんが目に付くようになった。
今まで見えなかったものが見えてきたと言うのが正直なところである。

この国の中年女性たちは北米諸国とは若干異なった良い扱いを受けていると思う。特に目立つのがバスや電車での席を譲り受ける機会が多いことである。

お年よりは大概バスの出発寸前に駆け込んできてもそのまま席に座る事が出来る。基本的にお年よりは満員のバスであっても座席を譲ってもらえる場合が多い。そういうときには席をすぐに譲る若者はなかなか社会性があってよろしいと思う。

妊婦の場合もその傾向が強くそういう時は嫌な叔母様たちもしっかりと味方をしてくれる。流石は女性、目立たなくても妊婦と分かると遠慮の無い叔母様たちはすぐに席を譲れと命令を下す。妻は妊娠して得な事が多くなったと喜んでいる。

花を買っていたらそのおばあちゃんは親切でたくさんの花を追加してくれたり、当然ながらバスなどの座席は優先して譲ってもらえたりしている。

初めての小さなお店で買い物をしてお金が足りなくても、安くしてくれた上に残りは後で良いと言ってくれたそうだ。こういう時に「妊婦は便利だな~~!」と妻は喜んでいる。これからは風船を常備しておこうかな?

妻からの話を聞いて私はとても嬉しく思った。実は鉄仮面であるウクライナ人は意外とそういう良い面が多いのではないか?

喜び勇んで足りないお金を払いに行った。しかしここで事態はまた前回のマナー無用の叔母様から洗礼を受けてしまった。

そのお店に出向いて足りなかったお金を渡そうと列に並んで待っていた。
3番目に並んでいると1番目の人が出て行って私が2番手となった。

そこへ叔母様2名がやってくると私と1番目の人の隙間から商品を見るようにして、そのままそこへ割り込んできてしまった。もう一人は私の後ろに並んだ。

彼女は商品を見たいだけだろうと神に祈った。しかし、予想を裏切らないウクライナ人!結果として私はその叔母様たちの後になってしまったのである。

折角ウクライナ人の良い所を見て誉めてあげようと思っても、結果としてこのようにマナー無用のおば様達に私はまた泣かされてしまったのだ。

やっぱりこの国が先進国に追いつくためにはあと40年はかかる。もちろん40年後に他の国も40年経ったわけだから変わらないかも知れない。逆に終焉を迎える先進国も出てくるかもしれないが、、、

その風船は私が使うべきかも知れない!
[ 2012/05/25 05:07 ]

| 日常 | コメント(0) | トラックバック(1) |
秋刀魚を食べる
これから春になると言うのに秋刀魚を食べた。

貧血気味の身重な妻に鉄分の補給をしてもらう必要がある。本心はもちろん秋刀魚が売っていたから食べてみたかったのです。私は日本にいたときに秋刀魚一匹でご飯の大盛り二膳はいけたのだ!

秋刀魚を食べるためには市場で、買って、解凍して、裁いて、焼いて、食べる。の、五段活用となる。秋刀魚はスーパーでは売っていないからです。広い市場の一箇所にそれはあった。

いつもは鯖を食べています。焼いてみてわかったけれど鯖より秋刀魚は臭くないね。鯖を焼いた後の処理は大変。おまけに裁くのも簡単でスイスイ行くがその分身が少ないけれど、、、

鯖の場合、市場の魚屋では何処でも売っている。値段もキロ当たり30フリヴニャ。日本円でだいたい300円と言う事です。秋刀魚もほぼ同じ値段で売ってはいるけれど、扱っている業者(軒先の叔母ちゃんの店と書いた方が近い)は一軒しか見当たらない。

さて、運良く売っている店を見つけた。何しろ初めてなので、鯖もはじめて買うときは躊躇したのです。秋刀魚も屋外アーケードなのでほとんど冷凍です。例外として鯉は大き目のタライに入れられて活魚として売っている。(スーパーでも同じように泳いでいる)

とりあえず妻の分と合わせて二匹買うことにした。お店の叔母ちゃんにVサインを送る。すると叔母ちゃんはそこにあった秋刀魚の塊を(鯖のようにごちゃ混ぜで冷凍しているのではなくて、ちゃんと一匹づつ揃えてある)手にとって秤に乗せ始めた。

違う違う!欲しいのは二匹だけだよう!2キロじゃないよう!
慌てて身振り手振りで二匹を袋に詰めてもらった。

先日の怒涛の週末のときに買っておいた大根をおろす。
焼くのはわざわざ外国から持ち込んだ小型グリルで魚も焼ける奴です。

どちらかと言うと大根をおろす作業が久し振りの運動不足に役立ったと言うか、肩の筋肉が疲れてひーひーいってしまったくらいです。

その甲斐あって秋刀魚の夕食はこれまた大成功となった。
たっぷりのしょうゆと大根おろしで頂く秋刀魚は最高!

ああ、日本人に産まれてよかった。
[ 2012/02/23 03:53 ]

| 日常 | コメント(0) | トラックバック(0) |
怒涛の週末最終回
会議の二日目、最終日である。たった二日間の会議でも最後の日は最終日となるのだ。

妻は目分量が弱いので彼女が言ったとおりに事を運ぶと、問題が起き易いので私の協力が必要である。逆に行動の遅い私には妻の後押しが不可欠である。

妻の予想した飲み物、牛乳、飲むヨーグルト、ケフィーユ(ヨーグルトみたいな物)は余ってしまい、逆に私が主張したコーヒーはもう少なくなってしまい買い足さなければならなくなった。チーズとウクライナのにんにくソーセージである「クヴァサ」の売れ行きも好調である。

本日の昼食は予定変更になったジャガイモのホイル焼きである。ウクライナといえばジャガイモ(カルトープリャ)、ジャガイモと言えばウクライナ人の主食なのである。ジャガイモの中に入れるバターも、そして売れ行きの良いチーズにクヴァサも買い足す必要があった。

普通我が家でジャガイモは蒸してマッシュポテトにするか、輪切りなどにしてオーブンで焼く簡単な料理なのです。今回は一人一品ずつ渡るようにホイル包みにして焼くことになった。

ネットで調べてみてもホイル包みは魚と一緒の記事ばかり出てくる。急遽魚料理はやらないことになったので参考にならない。幸い出てきたものによるとジャガイモを濡らした紙で包むと焦げ目が付かず、皮もやわらかくなるという事でこの方法を使ってみた。

イモに十字の切込みを入れてそこに薄く切ったバターを挟み込み、それをナプキンで包んで水に浸した。しかし塩味をつけることを忘れていたので、濡れて包みあがったイモの大群の上から塩を振ってみた。

イモを包んだナプキンをきれいに剥がすのが大変だったが、結果としてこの包み焼きも予想外のおいしさを発揮してくれた。
こうなったらこっちの物である。嬉しさに拍車がかかり今夜もお弁当のおにぎり作りを頑張る。

夜は打ち上げとして珍しい飲み屋へ全員参加となる。ウクライナ人は貧乏な人が多く(私達のことでもある)レストランへ行っても食事をする人は少なく、大概はビールかホリューカ(ウオッカの事)もしくはコーヒーだけと言うのが定番である。

男達もこれまでアルコールを断って会議に参加いていたので結構張り切って飲んでいた。普段飲まない私も一杯だけ付き合った。総勢9名に地元のボランティア希望者3名が参加してきて総勢12名が最後の夜を楽しんだ。新たに3人がおにぎりの犠牲者になったのは言うまでもない。

楽しかった~~そしてお疲れ様でした。
[ 2012/02/14 18:04 ]

| 日常 | コメント(0) | トラックバック(0) |
怒涛の週末パート4
最近は最後の秘境であるこのウクライナでも和食ブランドの食材をある程度買うことが出来る。

最初は怪しいしょうゆだと思って買ってみたもの。値段は日本のしょうゆの半分以下で心配だったけれど味は結構普通なのです。それ以来そのブランド品は安心して買うようになった。(ただし売っている場所は郊外の巨大スーパー)

20個のおにぎりを作るとなると1.5キロくらいのお米が必要になる。うちが買ったそのブランドの米を使おうか?しかしNGOが食費を出してくれるので金曜日のうちに普通の流通米を買っておいたのである。ウクライナでは大概1キロの袋に詰められて米は売られており、中には寿司用としてかなり高い値段の物もある。

確かにそう言うのは日本の米らしいが、そのそばに安くて同じような米を見つけてしまい思わず買ってしまったのだ。私のテクニックでは米を鍋で炊くのにやっと慣れてきた程度で、今回は炊き上がってきたらごはんがふたにくっつくくらい盛り上がってしまった。

ごはんの残りでおにぎりを作った事はあるけれど、おにぎりを作るためにお米を炊いた事はない。調べてみると熱々のお米で握った方がいいということで、手のひらをやけどするくらいで何とか会議が終わるまでに間に合った。

時間がかかったのはどちらかと言うと濃い塩水を混ぜる方が大変で、それを見ていた地元の女性は何をしているのだろうかと私の手元を見つめていた。

会議が終わって全員が閉会の儀をしているときに妻が呼びに来たが、丁度握り始めるところだったので参加した。

以前、マイケルジャクソンがコンサートの前に全員で手をつないで、コンサートに来てくれる人に感謝の言葉を共有しているのと同じような感じだったのである。食事の事をみんなに感謝されてしまった!

予定していた映画は取りやめになって全員がまた席についてこの「ふしぎなもの」を食べ始めた。昔アメリカ西部の家庭でも和食を作ったことがあったが全員、見事に海苔を残したのとは対照的におにぎりは綺麗に姿を消した。濃い食塩水は大成功だった。

しかも、地元の女の子達はラップにくるんであった二つのうちの一つのおにぎりを半分だけ食べて、残りをカバンへ仕舞ってしまった。なんと家族にみせて一緒に食べると言うのである。

彼らは雪の為に真っ暗でない夜の外へと出て行ったが、男達は明日の会議の為に破目を外さずに9時には帰って来てしまった。
[ 2012/02/14 16:06 ]

| 日常 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。