FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]

| スポンサー広告 |
袖の下 其の一(不定期)
ウクライナは既に述べたとおり社会主義から脱出して20年になる。今年で21年目。社会主義の負の遺産はたくさんあるけれど、その中できちんと息づいている物の一つとしてワイロがある。わいろ、賄賂、アンダーザテーブル、、、

昔、日本の企業が現地法人を作っても(もしくは作る前に)最終的に失敗に終わったのはそのためだろう。下手をすると工場を作っても何にもしないまま廃業に終わることがあったのではないか?恐らくそれらは長年にわたりウクライナを侵略(現在も経済的、文化的には侵略している)していた某国の出来事で、それ以上、従ってウクライナへまで進出した事は独立前にはなかったのだろう。

いまや日本企業の進出は数え切れないのではないかと思うが、韓国企業の勢いは凄まじくて日本はぜんぜん敵ではない。既にウクライナの高速鉄道は韓国にその座を奪われ、新幹線はここでも実現しなかった。そんな事を日本のマスコミは一言も報道しない現実に気がつく必要がある。

ウクライナで人気の高いマクドナルドは一体ワイロを払っているのだろうか?そもそも現地に展開している外国企業はどうなのだろう?書類一つ、書き方が違うだけでも受け付けてはくれないし、ましてや一つ一つの書類に認証が必要なのだ。

お役所万歳の日本でもここまでは酷くない。ウクライナの場合ここで袖の下が威力を発揮するのだ。若い人の間ではワイロは悪習であり、国をよくするために絶対に払わないという姿勢を貫いている人がいる。

友達の歯科医は国の病院(基本的に医療費はただ)で開業していて、そこの場所を無料提供されている。しかし国はお金を払ってくれないので、その人は患者から徴収する事になる。これは患者側から見るとワイロになってしまうのだ。しかも道具も何もかも自前なので患者がお金を払ってくれないと設備も整わない事になる。

先日遠距離のバスに乗ったときにその一部を垣間見てしまった。長距離になるとバスターミナルの切符売り場で行き先まで切符を買う必要がある。バスに乗ってバスターミナルのゲートから出る寸前にバスに飛び乗ってきた男がいた。彼は乗客のリストを運転手に渡したのだが、それを渡すほんの一瞬の間にそのリストの裏に現金を忍ばせていたのを目撃してしまった。

運転手はそれを本当に素早く何もなかったようにポケットに入れると、ゲートを出てすぐの場所にバスを止めた。そしてそこからぞろぞろと数人がバスに乗り込んで来たのである。

このようにウクライナには悪習(悪臭?)としてのワイロは生活と密接な関係で残っており、これを簡単に崩す事はできない。何よりも末端の市民は貧乏でありワイロがないと生活できないという現実がある。

しかし悪いのはやはり政府の役人であろう。予算が設備や道路工事に用意されてもそれが実際に使われる段階に降りてくると金額が減っているのだそうだ。

そしてまた末端の人は少ないお金で仕事をしなければならず、結局ワイロを続けないと生活が成り立たないと言う悪循環に陥ってしまう。負の遺産で大きな物ではKGBの責任追及&情報公開も必要である。

東ドイツが統合されたときに秘密警察であるシュタージの清算を行ったのは西ドイツの英断があったからだろう。お陰でドイツはヨーロッパで一番の国になれた。

ウクライナでそれができないのは統合の必要なく独立してしまったため。そしてそれをやると政府の大部分の人が罪人になってしまうから出来ないのだ。実は民間人でもその問題が出てくる。
某国は大統領が元KGBですけれどね、、、

この国の傷は深いのである。
スポンサーサイト
[ 2012/02/18 20:40 ]

| 特殊事情 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<ウクライナの出産事情。 | ホーム | ウクライナの洗濯事情>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://ukrainaya.blog.fc2.com/tb.php/13-268af700
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。