FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]

| スポンサー広告 |
病院事情#1
ウクライナの病院へ行ってきました。

ウクライナの病院も北米の医療に近いと思える部分があった。
それはファミリードクターと言う存在があるという点である。

恐らく住んでいる住居のそばにある病院へ行かなければならないと言う、
共産時代からの伝統的な流れがそうさせて管理しやすくしているのだろう。

病院の一階には大きな掲示板に部屋番号と医者の名前、診療時間などが書き込まれている。基本的には国の医療なので予約なしで行ってもよいようで、迷路のような館内を徘徊する。

熊みたいな中年女性が多い中、どうしてか分からないがやたらと狭いエレベーターに乗る。エレベーターの扉はそれはもう恐ろしいスピードで「ガッシャ~~ン!!」と予告もなしに閉まる。

閉まるというよりは斬殺刑に近く、婦人科へ行く前に外科へ行く必要がでてくるほどの恐ろしさ!

狭い病院内の通路を抜けると四つ角のような場所の隅々には、
学校か劇場で使い古したような合板むき出しの三列一体型の座席に身を寄せる。

椅子があるのはまだマシな方かもしれない。
なぜなら外国人登録をするおビールにはそれすらも無いのだから、、、

ウクライナのこのような部屋の外で待ち合わせをする場合、
誰が最後なのかを聞いておかないと何処へ座るべきか迷ってしまう。

この国の人は一般的なロジックがまだ普及していない場合が多い。
簡単に説明すれば満員バスに乗り込む際に降りる人を先におろさないと、
自分が入るべきスペースが確保できないにもかかわらず乗り込む点にある。

従って降りたい人は降りる事が出来ず、乗りたい人は乗ることもできないと言う、万事休す方の事態がそれこそあらゆる場所で15秒ごとに起きている統計がある。(たぶんないと思うが)

良くあるのは道の往来でどういうわけか真ん中を陣取って会話を楽しんでいる人々である。そのせいで道行く人は前後に分かれて流れを変えねばならず非常に邪魔である事は誰の目にも明らか。

しかしそれを注意する人もおらずよく見ると老若男女関係ないので普通の現象なのであろう。そういう場合はいきなり後ろから押されて動かされる現象もあるがするほうもされる方も嬉しくないはずだ。

話がそれてしまったが、結果として産婦人科を紹介されただけに留まった。
ウクライナの病院事情について
スポンサーサイト
[ 2012/05/19 16:38 ]

| ウクライナの病院 | コメント(0) | トラックバック(1) |
<<骨肉の住民登録#1 | ホーム | 妊婦水泳教室#2>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://ukrainaya.blog.fc2.com/tb.php/23-d1d5c1ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
まとめtyaiました【病院事情#1】
ウクライナの病院へ行ってきました。ウクライナの病院も北米の医療に近いと思える部分があった。それはファミリードクターと言う存在があるという点である。恐らく住んでいる住居の...
[ 2012/05/20 12:53 ] まとめwoネタ速neo
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。